伊豆歩倶楽部

お問い合わせ   リンク  
入会案内
会報
談話室
伊豆歩の歌
 
 

伊豆歩俳壇

〔21年10月 和秋の渓谷歩き〕

また見せぬ 湖底見ます 星月夜

大窪 正幸

男廊花  恐い人と 三度言われ

大窪 正幸

〔21年9月 身延山とぶどう〕

欲ばりで 大粒渋き ぶどう狩り

大窪 正幸

秋の昼 にぎりほうばり 声弾む

大窪 正幸

秋身延 個性派の心 洗いつつ

堀崎 龍夫

身延下り ワイン談義の ぶどう園

堀崎 龍夫

〔21年8月 蓮台寺と千人風呂〕

稲生沢川 魚影ありて 鷺が舞う

邊津 芳次


〔21年7月 上高地・乗鞍〕  

花笑みに 目を奪われて おいてけぼり

邊津 芳次

夏ハイク お花探しつ 名を調べる

堀崎 龍夫

朝暁や おはこ着合いの 檄はなつ

大窪 正幸

ライチョウも 吾と見おろす 夏スキー

邊津 芳次

待ちわびた 花見登山や 雪化粧

堀崎 龍夫

雷鳥に 遠方のとも たずね居り

大窪 正幸

〔21年6月 鉢の山〕

老鶯や 一服しても いいずらよ

大窪 正幸

お方の ぴったり似合うや 夏帽子

大窪 正幸

梅雨に濡れ ウォーク楽しむ 花談義

堀崎 龍夫

紫陽花に 恵み甘露の 雨に逢う

堀崎 龍夫

満ち足りた 登り下りの 森セラピー

先崎 初枝

梅雨けむる 景色飲み込む 鉢の山

堀崎 龍夫

〔21年6月 利島〕

利島なる サクユリの酒 まぼろしに

邊津 芳次

石垣に 香たっぷりの 額の花

大窪 正幸

実桜や ファッションショー 見たり居り

大窪 正幸

藪椿 落つる暮らしの 糧とする

先崎 初枝

桑の実を 口にする我等 甘く熟す

先崎 初枝

〔21年5月 山ツツジと百笑の里〕

うぐいすや つたの細道 子ら駆る

邊津 芳次

緑濃し もくもく歩む つづら折り

大窪 正幸

破れ傘 ぱっと開くや いさましく

大窪 正幸

長虫と 蛙のいくさ 見たりけり

大窪 正幸

もこもこと ブロッコリーごと 山笑う

掘崎 龍夫

声和む 癒され歩む 山つつじ

掘崎 龍夫

〔21年4月 なまこ壁と桜〕

餅包む 桜葉道の ウォーキング

先崎 初枝

天辺の 川面に桜 水鏡

先崎 初枝

見て見てと はしゃぎまくりの 花盛

大窪 正幸

花馬酔木 師の詠み頷き 根問う弟子

大窪 正幸

ボラ跳ねて ゆらりと揺れる 花いかだ

邊津 芳次

鯉のぼり 桜吹雪に 躍ってる

掘崎 龍夫

ままもよし 風と遊ぶや 花筏

掘崎 龍夫

花ふぶき 良き風待つや 夜遊び

掘崎 龍夫

〔21年3月 旅立ち〕

邂逅や 白木蓮の 大花咲け

清水 正悦

旅立ちに 伊豆歩で集う 春嵐

大窪 正幸

〔21年2月 河津桜〕

ビール好し 春爛漫の 河津にて

邊津 芳次

風花や 河津桜が きにかかる

邊津 芳次

ゴールして 生よし爛よし 早桜

邊津 芳次

春寒や 湯茶もてなし ボランティア

大窪 正幸

日溜まりに 目覚めた欠伸の 蕗のとう

大窪 正幸

声揚々 花見ウォーク 俳句談

掘崎 龍夫

影もなく 風に寄り添う 花粉症

掘崎 龍夫

河津花 枝は横延び 目頭に

先崎 初枝

携帯の 花メール方 どこどへ

先崎 初枝

〔21年1月 水仙マーチ〕

元旦や 日の出の海に 利島の灯

邊津 芳次

冬空に 拳舞いつつ 響く檄

大窪 正幸

ストレツチ 見事と誉る 冬の朝

大窪 正幸

水仙や ならぶ島々 海坂に

掘崎 龍夫